■プールの除菌に関する プールの除菌に関するFAQ

■除菌剤に関する 除菌に関するFAQ

FAX注文書

問い合わせ・TEL

2022年 09月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
今日
9月休業日・出荷不可
2022年 10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
10月休業日・出荷不可

■塩素OEM OEMダウンロード ▶OEMご希望の方こちらから

■社内の様子 https://gigaplus.makeshop.jp/kowake/top-page/koukin-youtube.jpg
▶抗菌美装会社紹介
※動画をご覧ください
https://gigaplus.makeshop.jp/kowake/top-page/kounet-youtube.jpg
▶抗菌美装通販部門
※動画をご覧ください

従業員用作業手順▶従業員用作業手順

抗菌美装 ▶ビルメンテナンスの様子
5Sの定義 ▶社内で5Sに取り組んでいます



■通販部門グループ店舗 温泉の素.comへ ▶温泉気分を味わえる入浴剤
入浴剤.netへ ▶かわいい入浴剤ならこちら




 



よくある質問
 
   まず、お問合せの前にご確認いただき、ご不明点があればご連絡ください。

 
   身の回りの除菌 (成分:ジクロロイソシアヌル酸Na)
  
消毒剤は一般的に50〜100ppmです。
     コロナウイルスの除菌は、「100ppmで10秒間濡らす」これが全てです。
 (参考:厚生労働省の食品添加物としての次亜塩素酸水(微酸性次亜塩素酸水)の指定濃度は
   10ppm〜80ppmです。食べ物やまな板などに使用する場合、流水でこの濃度で殺菌できるという
   検証結果に基づいた数値です。きれいなものが80ppmですので、弊社は100ppmを推奨しています)
 
  
  
  Q1:除菌剤の希釈方法は?

     A:付属のスプーンを用いた希釈方法※付属の計量スプーンは摺り切りで計量してください。
     
濃度 ジクロロイソシアヌル酸Na 水道水(ml)
200ppm 付属の計量スプーン【小側】 1,500ml
100ppm 付属の計量スプーン【小側】 3,000ml
50ppm 付属の計量スプーン【小側】 6,000ml
             1,000ml=1函1,000函1㎥        100ppm=0.01%≒100mg/l

     注意事項:しっかり溶かしてからご使用下さい。

             計量スプーン付、該当商品はこちら
 



  Q2:次亜塩素水の素の保管期限は…?
         A:
粉の状態のまま 希釈液
使用目安 2年程度 1週間以内程度
最大保管日数 3〜5年 3ヶ月〜6ヶ月程度
※1ヶ月で濃度は半分くらいになります。
長期保管する場合 風通しの良い冷暗所 冷暗所




 
  Q3:空間の除菌に使用する場合の濃度は何ppmがいいですか?
         A:空間の除菌は50ppmをおすすめいたします。

    
※次亜塩素酸水がご使用の加湿器に対応できるかは加湿器のメーカー様へお問合せ下さい。
    ※加湿器の中の除菌としてご使用下さい。
    ※無人の状態で室内の空間除菌にご使用下さい。
 
濃度 ジクロロイソシアヌル酸Na 水道水(ml)
50ppm 付属計量スプーン 【小側】0.5g 6,000ml

    


 
  Q4:どんなものが除菌できますか?
         A:身の回りの、ある程度のものに使用できます。

   【スプレー後、乾拭きや水洗いが不要なもの】
    ドアノブ・ビニールクロス・木部・家具・建具・食器・洋服・衣類・
    畳・じゅうたん・便器・便座・照明器具・スイッチ・靴(内・外)
    流し台・車・ハンドル・車のシート・布製品・バック
     子供のおもちゃの除菌・マスクの除菌等
       スマホ・キーボード・電気器具
     ↑ペーパーなどにスプレーをして、拭き上げをおすすめします。

   【スプレー後・除菌後に、水洗いによるすすぎをしてほしいもの】
   赤ちゃんの哺乳瓶の除菌・まな板、包丁などの調理器具・コップや皿などの食器類
   メガネ・指輪・貴金属
 
   ※社内で色落ち・シミにならないことを確認しましたが、
   素材等によって色落ちやシミになる可能性がないわけではありません。
   目立たない箇所で試しに使用し、色落ちしない事を確認してからご使用ください。




 
  Q5:手や体に除菌スプレーをしてもいいですか?(人形)
         A:緊急性のある場合、他の商品が販売されていない場合は、迷わずご使用下さい。

     手・指・手指・体の表面の拭き上げ・髪の毛・足等(すべて人形)。
     ※ 薬機法上、人間の手指とは表記できません。あくまで人形の手指消毒です。   
     100ppmでご使用ください。 
  
   ※飲まないで下さい。目に入れないで下さい。傷口にもご注意下さい。
   ※当製品は医薬品ではありませんので、薬機法上、人間の手指消毒が出来るとは示せません。
   あくまでも、ご自身の判断でご使用下さい。
   (参考:今までご自身の判断で手指消毒をされた方からお聞きした情報ですが、100ppmで
       手が荒れたという報告は全くございません。ジクロロイソシアヌル酸Naの粉末自体を
       手で触っても特に異常が出たとの報告はされていませんので、ご安心ください)
     ※昔、プールに入る前に、腰洗い槽(消毒槽)に入って消毒をした記憶はございませんか?
    あの、消毒槽の有効塩素が100ppmです。いかに安全性が高いか、ご想像下さい。
 
     



 
  Q6:靴の中に除菌スプレーをしてもいいですか?
         A:はい。もちろん良いです。
     薬機法上、菌の名前を示せませんが、効果あります。
     また、次亜塩素酸による酸化分解によって、嫌なにおいを抑える効果(消臭効果)もあります。
 
           


 
  Q7:うがいに使用したいのですが…
         A:薬機法上、人間のうがいに使用することはできません。    
     下記は、情報提供としてお伝えします。
     弊社従業員10名(30代40代50代女性)を使用し、実験として
             除菌剤10ppmによるうがいをしてみました。
             全く違和感なくうがいができました。ほとんど味がしないということでした。   
      (参考までに:口内用の次亜塩素酸では20〜25ppmが推奨されています。)
 
     


 
  Q8:歯周病の治療に使えますか?
         A:薬機法上、歯周病の治療に使用することはできません。    
     下記は、情報提供としてお伝えします。
     歯科医師さんの中には、高濃度次亜塩素酸水(480ppm)を用い、歯周病の治療として
         患者さんに臨床応用しているところもあるようです。
         次亜塩素酸水を用い、歯周病菌を除菌しているそうです。
       あくまで、個人のご判断でお願いします。





 
  Q9:どんな施設で除菌剤を使用されていますか?
         A:各所でご使用いただいております。
     
病院や老人ホーム、整骨院・整体院、エステサロン、マッサージ店、会社の休憩室
       幼稚園や保育園、食品工場、道の駅、温泉施設、
         スーパーやホテル、百貨店の入口で超音波加湿器を用い、手指の消毒(人形)
         プール、スポーツクラブ、飲食店、ペットの保護活動、など




 
  Q10:次亜塩素酸水は、中性?弱酸性?微酸性?
         A:どれにも当てはまります。
         弊社の次亜塩素酸水は、一般的に6.4〜6.5ぐらいです。
           (次亜塩素酸水は不安定な物質で、放置しておいても、徐々に次亜塩素酸が分解し自然に酸性側に傾きます。)

            中性、弱酸性、微酸性の区分は、区分数によって異なります。
            まず、一般的な3区分では、6〜8までを中性と呼びます。
            また7区分では6〜7までを弱酸性と呼びます。6.4付近を弱酸性と呼びます。
            昨今の呼び方では、弱酸性の中でも、中性に近い6.5〜7を微酸性と呼ぶことがあります。
            したがって、本品の6.4〜6.5前後の商品は、中性とも呼べますし、
            弱酸性とも呼べますし、微酸性とも呼んでも良いものです。


     参考:水道水は一般的にpH7.1〜7.6ぐらいになっており、この水道水のpHの影響を受けますので、
        お客様が生成された希釈液自体が、どの程度のpHになるかは、水道ごとに異なりますし、日ごとにも異なります。
        しかし、効果は大した差はございませんので、pHを気にする必要はありません。
          また、水道水の希釈量が多い状態、つまり水道水で希釈すればするほどpH7の方向に進みます。

            詳しい表はこちらから
       

     pH6.5前後の希釈水は、皮膚を溶解する心配はございません。誤って目に入ったとしても、
     角膜をアルカリで損傷することはありませんが、清水で眼を洗ってくだされば結構です。
    (次亜塩素酸ナトリウム水溶液pH11と比較して遥かに安全です。)




 
 
  Q11:次亜塩素酸ナトリウム?危険?ジクロロイソシアヌル酸ナトリウム?
         A:※本商品の主成分はジクロロイソシアヌル酸ナトリウムです。次亜塩素酸ナトリウムではありません。
          
       ・・・世間に言われている次亜塩素酸ナトリウム12%は、そもそも黄色の液体です。
   (200ppm(0.02%)の次亜塩素酸水に使われている次亜塩素酸ナトリウム水溶液は、
    0.02%しか入っていませんので無色透明になります。)・・・

    ジクロロイソシアヌル酸ナトリウムは、学校のプールや公共プール、温泉やスーパー銭湯などの
    浴槽湯の消毒に昔から使われている薬剤で、非常に安全性が高く、皆様もこれまでに幾度となく水やお湯を介して
    触れてきている薬剤です。
    pHも1000ppm(0.1%)溶液では6.4と中性、微酸性、弱酸性(どれも当てはまる)のお肌に優しい水溶液となります。
    抗菌美装では20年以上販売を続けているベストセラー商品です。

    さて、余談ですがインターネット情報では、「次亜塩素酸ナトリウムは危険だ!」って仰っている方がいます。
    ハッキリ言います。何と比較して危険なのか示すべきです。

   <直接肌に触れたときの危険性>

 食塩(塩化ナトリウム) < ジクロロイソシアヌル酸ナトリウム < 塩酸(35%) < 次亜塩素酸ナトリウム(12%) < 70℃の熱湯
   ※次亜塩素酸ナトリウム原液(12%)は、70℃のお湯より安全ですよ。
   やかんのお湯より安全なんです。肌につくとピリッとするけど10秒ぐらいで水洗いすればなんてこと無いです。
   70℃のお湯ではそうはいきません。皆さん、やかんのお湯を扱うとき手袋とかするでしょう。
   それと同じです。次亜塩素酸ナトリウム原液を扱うときに手袋すればいいんです!

   さて、その次亜塩素酸ナトリウムは、水道水の消毒剤です。
   皆さんが毎日飲んでいる水道水に、大腸菌などの細菌が繁殖しないように、
   殺菌できるように次亜塩素酸ナトリウムが0.1ppm〜0.7ppmぐらいで添加されているのです。
   この添加によって、水道水のpHも若干上昇し、7.4ぐらいになっている訳です。
   酸性に傾くと、錆などの腐食を生じやすいので7.4ぐらいが丁度いいのです。
   だから、ちゃんと扱えば、次亜塩素酸ナトリウムは殺菌効果が高くて、安全性が高いのです。
   褒めることばかりではなくて、欠点も言いますね。
   原液12%の場合(もう1回言います次亜塩素酸ナトリウム水溶液12%原液の場合です)、
   手袋せず、ゴーグルせず扱った場合に、眼に入ると危険です。
   角膜をアルカリ性が強い(pH12)ので溶かしてしまうことがあります。
   肌を溶かしてしまうことがあります。衣類を漂白してしまうことがあります。
  (クリーニング屋さんではこの効果を利用して次亜塩素酸ナトリウムで白物を漂白しています)
   これは12%原液の場合ですよ。それもpH調整していない原液の場合です。
   じゃあ原液でない場合はどうなのか。まず、弊社の研究室で
   1000ppm(0.1%)に水道水で希釈した場合pH11.1
   200ppm(0.02%)に水道水で希釈した場合はpH10.9になりました。
   そうです、希釈しただけでは、アルカリ性が強くて、まだ眼に入ったら危険なのです。
   肌についたらヌルヌルするのです。そこでpHを中性付近に持ってくる必要があります。
   塩酸です。塩酸を適量入れてpHを6〜7程度にpH中和します。(弱酸性ですが)
   当然pH6.5ぐらいになるわけで、次亜塩素酸ナトリウム+塩酸で、
   非常に安全性の高い次亜塩素酸水(次亜塩素酸の含まれた水溶液)ができあがりました。
   眼に入っても角膜をアルカリ溶解しませんし、肌への影響もありません。(普通の洗剤と同等です)
   どこかにも書きましたが、次亜塩素酸水生成装置から生成した次亜塩素酸水200ppmとこの作り方でできた
   次亜塩素酸水200ppmが同じ濃度で同じpHであれば、殺菌力も同じ、危険性も全く同じ、次亜塩素酸ができます。
   もう一度いいます。食塩水を電気分解した次亜塩素酸水も、次亜塩素酸ナトリウムの希釈+pH中和の次亜塩素酸水も、
   ジクロロイソシアヌル酸ナトリウムの水溶液も、同じ濃度同じpHなら、除菌性能や安全性は変わりません。全く一緒です。
   結論いいます。次亜塩素酸水(次亜塩素酸の含まれた水溶液)で次亜塩素酸ナトリウムが危険なのではなくて、
   次亜塩素酸ナトリウムのpHが高いときに保護具がないと危険なのです。

   <雑談>
   「ナトリウムがつくのが危険だって言われたんですけど。おたくのジクロロイソシアヌル酸ナトリウムは危険か?」って。
    次亜塩素酸水の危険性はpHで決まるんです。ジクロロイソシアヌル酸ナトリウムは顆粒(粉末)で、
         pH6.4ぐらいです。○○ナトリウムなんていくらでもありますよ。食塩も塩化ナトリウムですよ。
       インターネットの情報に迷わされないでね。って言ってます。

       ジクロロイソシアヌル酸ナトリウムは、プールや公衆浴場でお水やお湯を管理する方々は、
       手袋なんてせずに素手で触っているのをよく見かけます。
       しかし、手が荒れたとか失明したとかは、そんな話聞いたことありません。
       素手で触って、手を洗っても若干塩素の臭いが残るだけです。
       ・・・・メーカーとしては、手袋・ゴーグル着用!って説明書には書きますが。




 
  Q12:塩素剤の対比表はありますか?





 
  Q13:塩素剤の処分方法は…
         A:各地域の自治体にお問合せをしてご確認ください。



 
 
  Q14:種類があるけど、どの商品を購入すれば良いですか?
 



 
  Q14:容器を移し替えてとありましたが、どのような容器ですか?
         A:塩素剤はどれも、紫外線や温度などによって徐々に分解されていきます。
     
また、袋も劣化していきますので、保管期限前に容器を移し替えておく必要があります。
     その容器ですが、家庭であればタッパが良いでしょう。
     パチンと止めないタッパがおすすめです。圧力が上がった時に、自然と蓋が取れるからです。
     また、さらにタッパを買物袋などに入れておくと完璧です。

 
※ちなみに100円ショップで購入可能です。(ダイソー様で購入) タッパーに入れてジップの付いた袋にいれると完璧です。 上記↑のような溝のあるタッパーがおすすめです。





  
  Q15:次亜塩素酸カルシウムとジクロロイソシアヌル酸ナトリウムの違いは?
         A:主成分と有効塩素濃度のが違います。

    
次亜塩素酸カルシウムの有効残留塩素は70%です。
    ジクロロイソシアヌル酸ナトリウムの有効残留塩素は60%です。



 

  Q16:次亜塩素酸カルシウムが膨らんでいました。効果はありますか?
         A:主成分と有効塩素濃度の違います。
    
膨らんでいる原因は塩素ガスです。
    開封時に塩素ガスを吸わないようお気をつけ下さい。
    有効成分が多少落ちますが、製品に問題はありません。
    保管方法を守って保管をして下さい。(風通しがよく、湿気のない冷暗所)




 
  Q17:不要になった塩素剤はどう処分すればいいですか?
         A:各地域の自治体にお問合せをしてご確認ください。
 



 
  Q18:それぞれの対象物(用途)を教えてください
         A:ご参考までに。
 
 50ppm 加湿器の除菌や室内(無人)に噴霧する場合
100ppm スプレーボトルに入れて噴霧する場合
200ppm バケツに消毒剤を作り、きれいなふきんなどで清拭する場合
1000ppm 雑巾などで湿らせ、スリッパや、靴の裏などの消毒をする場合
水拭きモップなどで床面の水拭きをする場合




 
  Q19:水に溶かした時の反応を教えて下さい。
         A:こちらをご覧下さい。
 




 



 

ページトップボタン

ショッピングガイド


お支払いについて

クレジットカード 代金引換 銀行振込・郵便振込(前払い)

お支払い方法は、銀行振込(前払い)・郵便振込(前払い)、GMO後払い、代金引換、クレジットカードよりお選びいただけます。

クレジットカード
VISA・MASTER・DINERS・AMERICAN EXPRESS・JCBがご利用頂けます。
VISA MasterCard JCB AMEX Diners
代金引換
商品ご到着時、代金をお支払いいただく方法です。
お受け取りの際、宅配便のドライバーに現金にてお支払いください。
※佐川急便のe-コレクト(代金引換)サービスを利用しております。
※代引手数料がかかります。

お支払いいただく料金の内訳

商品と引き換えにお支払いいただく料金の内訳は下記となります。

  • ●商品代金
  • ●代引手数料

代引手数料について

  • 代引手数料:手数料440円
銀行振込・郵便振込(前払い)
ご注文後、弊社指定の金融機関に代金をお振り込み頂くお支払い方法です。
※お振込手数料は、お客様のご負担となりますので、ご了承下さい。

ご入金期限

ご注文受付日より7日目までにご入金ください。
万一、ご入金期限が経過し、ご入金のご確認ができない場合は、ご注文の取り消し処理をさせていただきますので、予めご了承下さい。

表示価格について

オンラインショップに記載された価格は、消費税込みの価格です。

配送・送料について

配送について

「佐川急便」「日本郵便 ゆうパケット」にて、お届けします。
ご注文後、通常約2〜5日程度でお届けします。
※但し配送上の都合で遅れることもございますので、予めご了承ください。
※商品のお届けは、日本国内に限らせていただきます。

お届け日時のご指定について

「佐川急便」お届け時間帯は、下記よりご指定いただけます。

  • ●午前中(8時〜12時)
  • ●12時〜14時
  • ●14時〜16時
  • ●16時〜18時
  • ●18時〜20時
  • ●19時〜21時

送料について

全国一律650円となります。※沖縄・一部地域は別途設定あり

領収書について

※銀行振込・クレジットカード決済のみ対象となります。

  • 【印紙代】5万円以上の場合、収入印紙代 200円 別途必要
  • 【別配送】領収書が別住所配送の場合 100円 別途必要
  • 【再発行】再発行はいたしかねます。ご了承下さい。

  • 【代金引換の場合】配送会社の送り状が、受領書兼領収書です。
  • 【GMO後払いの場合】振込受領証が領収書となります。
   

※領収書の二重発行防止のため、ご理解とご協力をお願いいたします。

納品書について

   

当店では、ペーパーレスによる自然環境への配慮、個人情報保護の観点から、納品書の発行を廃止させていただきます。 注文詳細につきましては、当店より配信しております【発送完了のお知らせ】メールがお買い上げ明細となります。 恐れ入りますが、メールを受信いただけますよう「ドメイン指定受信解除」や「迷惑フォルダ」などの設定をお願い致しますとともに、 ご確認およびご理解下さいますようお願い申し上げます。
また、納品書をご希望の方は、ご注文フォーム内の【納品書発行希望】に●印を入れていただくか、 お手数ですが、当店までご連絡をお願い致します。

商品の返品について

商品の返品・交換は、原則としてお受けいたしかねます。
ただし、商品の破損など当社に原因のある不良商品、または注文と異なる商品が到着した場合には、交換・返品させていただきます。この場合、商品到着後1週間以内にご連絡の上、必ず商品の返品をお願い致します。早急に対応させていただきます。その場合、当該商品の返送及び再送に要する送料などは当社で負担いたします。

お問い合わせについて

商品(仕様・機能)に関するお問い合わせは、お電話またはメールにてご連絡をお願いします。

個人情報について

お客様からお預かりした大切な個人情報(住所・氏名・メールアドレスなど)を、裁判所や警察機関等、公共機関からの提出要請があった場合以外、公開または第三者に譲渡することは一切ございません。